パーキンソン病の人の腸内細菌

投稿日: カテゴリー: パーキンソン病
パーキンソン病の人の腸内細菌

脳の神経細胞の変性でドーパミン産生が減少することが

確認されていますが、パーキンソン病は

未だに原因不明の難病と言われています。

 

基本的な治療法は減少するドーパミンを補充する服薬。

 

しかし、進行するにつれて、服薬の持続力も低下し、

更に、違う薬が増え続け、様々な症状が現れて来ます。

 

 

薬は酸性なので、服薬が長期化すると、必要な腸内細菌

まで殺してしまう恐れがあります。

 

 

そうすると免疫力も低下し、生命力がどんどん

失われていくのではないかと考えられます。

 

 

それなのに、パーキンソン病では服薬が命綱のようになっています。

 

他に有効な治療法が今のところないからです。

 

 

しかし、2016年12月初頭に、学術誌『Cell』に掲載された研究報告

によると、カリフォルニア工科大学の研究者たちが、

個人の腸内細菌のタイプと数の変化が、

パーキンソン病を発症するかどうかの判定材料になるかもしれない

ことを発見したそうです。

引用元:https://www.lifehacker.jp/2016/12/161223_parkinsons_disease.html

 

 

 

マウスによる研究なので、これが即人間に適用されるかは

まだこれからの研究が待たれます。

 

 

しかし、腸内環境がパーキンソン病の原因に関わっている

ことが証明されれば、治る可能性が出て来ます!

 

予防することもできます!

 

 

これからはパーキンソン病に限らず予防医学の時代です。

 

 

 

普段、自分が食べるもの、見るもの、感情、生活習慣を

見直し、宇宙に調和させていく。

 

 

ダイナミックヘルスの時代

 

 

自分の命のダイナミックさに気づけば、恐れることがありません。

 

 

不安が不安を呼び寄せます。

 

 

自分の思考をポジティブに変えることも必要です。

 

 

全ての人がダイナミックな宇宙に委ね、調和した命であれば、

平和な世界が実現します。

 

 

まずは自分がダイナミックな命の輝きを放ち、

周りに光を拡散させていきます!

 

関連ブログ  うつ病で苦しむ人へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA