生きる意味を考える哲学的生活

投稿日: カテゴリー: 人生を創造する

drtjjyftjyky-thumb-autox1600-21004

 

何のために生きてるんだろう?

 

 

 
私は何がしたい?

 

 

 

 

 

何ができる?

 

 

 

 

 

 

 

生きる意味、自分の命について、誰もが一度は考えたことがあるのでは
ないだろうか?

 

 

 
それはポジティブに

 

「私は人を助けるために生きている。」と考えられるときもあれば、

 

ネガティブに「私なんて、小さな存在だ。」
と考えてしまうときもある。

 

 

 

 
19歳の私は、自分の存在の意味が分からなくなり、他人と比較しては
自分の小ささの中に沈んでいた。

 

 
同級生は大学生になったり、就職して社会人になったりしていたが、
私だけが、何者にもなっていない。

 

 

 

 

私以外の人はみんな楽しそうに見えて、ますます自分を小さく感じてしまう。

こんなネガティブな思いを抱えた19歳でした。

 

 

 

 

 
両親からも、何も決めれずに自分の中に引きこもっている私は、否定され、
どうしていいのか分からない存在になっていました。

 

 

 

 

両親の本当の気持ちは、私の幸せを願っていたはずですが、幸せには遠い
生活を送っていた私に良い感情は向けられませんでした。

 

 

 

 
私だって、こんな何の楽しみも感じない生活を抜け出したい!

 

 

 

 
両親やたくさんの人に私の存在を認めてもらえるようになりたい!

 

 

 

 

 

 
光のある場所を求めて、暗闇の中で1人、叫んでいたのだ。

 

 
「私はここにいるー!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

誰かに聞いてもらいたくて、外に向かっていくしかなくなった。

 

 

 
孤独の感情ほど、人を弱らせるものはない。

 

 

 

 

 

 

人との関わりでダメージを受けることもあるが、私以外の人が
いなければ、私は存在しなかった。

 

 

 
気づかずに生きていたが、自分以外の存在からのエネルギーを
受けて私たちは生きているのだ。

 

 

 

 

ならば、自分以外の存在との関係がポジティブであれば、
光の世界にいけるのではないか?

 

 

 

 
もう動き出すしかない。

 

 

生きるしかないのだ。

関連ブログ  うつ病で苦しむ人へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA