解剖・生理学とは違うヨーガの人間心身構造論

投稿日: カテゴリー: ヨーガでピュアライフ

西洋医学では、人間の構造を解剖・生理学で説明します。

 

東洋医学では、陰陽五行説で説明します。

 

 
では、ヨーガではどのように説明するのでしょうか?

 

 

 

人間五蔵説というもので説明されます。

 

 

人間を五つの鞘(さや)に包まれた存在だと考えるのです。

人間五蔵説
人間五蔵説

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

図のように、一番外側の鞘が食物鞘と呼ばれるもので、肉体にあたります。

 

 
その内側が、生気鞘で、呼吸やエネルギー、気などと呼ばれるものです。
肉体と心の架け橋になります。

 

 

さらにその内側が、意思鞘で、5つの知覚器官、5つの運動器官からなり、
情報を伝達する心理器官になります。

 

感情が生じる場所です。全てのストレスの生じる場所でもあります。

 

 
さらにその内側が、理智鞘で、意思鞘からの情報を判断する
心理器官になります。
知性の場所です。

 

 
最も内側に存在するのが、歓喜鞘で、理智鞘の判断に”自分が”
という意識をくっつけた心理的残存印象(記憶)として蓄え続ける場所です。

 
全ての記憶袋ということです。

 
トラウマや潜在意識も全てこの場所に蓄えられています。

 
本来、この場所には苦悩がなく、完全な調和状態(健康状態)である
と考えられています。

 

 

 
このヨーガの人間観は、WHO(世界保健機関)の健康の概念にも
近いものであります。

 

”身体的・精神的・社会的に完全に良好な状態であり、
たんに病気でないことではない。”

 

 
このように自分の健康状態を確認し、
完全な健康状態に導いていくのがヨーガ・セラピーということです。

 

 

 

 

スポーツクラブ等でやっているヨガと何が違うんですか?

人間五蔵説や、WHOの健康の概念と照らし合わせて、
「私は完全に健康である。」という方は
スポーツクラブ等でやっているヨガで問題ありません。 

しかし、そうでない方の場合は、ヨーガ・セラピストの元で
ご自身に適切なヨーガを受けられることをお勧め致します。

 

完全に健康ではないけど、自分でどこが健康じゃないかわからない。
という方も、それがわかるようになるのがヨーガ・セラピーです。

 

体・呼吸・意識の働きを使って、

自分の人生(いのち)を創造できる方法がヨーガ・セラピーです。

 

 

迷いのない人生を送る為の知恵がヨーガにはあります。

 
あなたの人生にヨーガが役立つことを願っています。

 

 

 

宇宙の意識とつながり、自分の輝くいのちが発見されますように!
ありがとうございました。合掌

関連ブログ  クンダリニー上昇中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA